毛穴ケアlabo※【化粧品、化粧水、パック】まで完全ナビ

毛穴ケア化粧品labo

毛穴美人がやっている角栓を取る方法

      2016/06/18

img_040
一人一人の肌の状態、特に小鼻や鼻のてっぺんなどを見比べると、「毛穴が目立つかどうか」というのは、かなりの個人差がありますよね。

毛穴がほとんど目立たない毛穴美人状態の人も中にはいますが、逆に毛穴に角栓がつまっているのが、他人から見てもハッキリ分かるほどに目立ってしまうという人も大勢います。

毛穴の角栓づまりが現状で目立ってしまっている人が、毛穴美人に少しでも近づくには、どうしたらいいのでしょうか?

毛穴づまりのそもそも原因は?角栓の正体は?

毛穴づまりが目立っている人はまず、その毛穴につまっているものは何なのかを知っておく必要がありますね。

毛穴につまっている角栓はすごく脂っぽいんだし、どう考えたって毛穴につまっているのは皮脂でしょうと思われるかもしれませんが、本当に皮脂だけしかない状態であれば、皮脂は体温でやわらかい状態になっているため、それが毛穴を内側から押し広げる可能性はきわめて低いです。

img_041

実は、毛穴を詰まらせるあの角栓の正体は、皮脂と混じったたんぱく質汚れなんですよ。

はがれた角質層のかけらなどをはじめとして、いらなくなった皮膚組織の老廃物が、毛穴につまるのです。
しかも皮脂と混じってドロドロした状態の固まりになってしまうため、いったん毛穴につまると、そのままつまりっぱなしになりやすいというわけですね。

たんぱく質汚れがたっぷり混じることで固くなり、毛穴を押し広げてしまうというやっかいな性質を持つ角栓をきれいに取り除かないと、毛穴づまりの問題は改善しないのです。

角栓のつまりは洗顔せっけんでアプローチを!

img_042img_063
角栓を取るための手段として、まず心がけたいのが正しい洗顔です。

角栓落としの手段というと、角栓を溶かせるといううたい文句のクレンジング剤などもありますが、そうしたクレンジング剤は油分を溶かす力があまりにも強すぎて、肌トラブルのリスクがきわめて高いのでおすすめできません。
角栓を落とすのは、クレンジング剤よりも洗顔料にまかせましょう。

洗顔料の選び方・正しい洗顔の方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • スクラブタイプは選ばない。スクラブが肌を傷つけるだけでなく、スクラブそのものが毛穴につまるリスクあり。
  • 洗顔料は、せっけんが一番。人気の高い「弱酸性洗顔フォーム」は、洗浄力が物足りないという弱点がある。
  • 泡で出てくるタイプの洗顔料は選ばない。泡がゆるくて汚れの吸着力がないだけでなく、成分的にも肌リスクが高いものが多い。
  • 洗顔ネットでせっけんをこすってから少しだけネットに水をつけ、「しっかりとコシと粘着性のあるきめ細かい泡」を作る。ゆるい泡・ふわふわしただけの泡では角栓汚れはまったくと言っていいほど落とせない。

泡立ちが良いオススメの洗顔せっけんをランキングでご紹介!

img_60banner01-5毛穴の黒ずみ・角栓を改善するには、しっかりと角栓を溶かして落とすということが洗顔石鹸に求められます。
そのために必要なのは、毛穴にまで洗浄成分が入って、汚れを吸着してくれることです。そんな吸着力にすぐれた洗顔石鹸ベスト3をご紹介しましょう!
img_062img_059

どろあわわ

どろあわわ
毛穴の黒ずみ・角栓を吸着してくれるおすすめ洗顔石鹸第1位は、どろあわわです!

どろあわわは、沖縄の海からとれた泥・マリンシルトと、大昔から海底に溜まって風化した火山灰・ベントナイトを活用した洗顔石鹸。泥と火山灰というのは粒子が細かく、さらにマイナスイオン効果で汚れを吸着するのにもすぐれているということが知られています。

特に、マリンシルトの粒子の細かさは驚異的!5μ以下(髪の毛の太さの16分の1)という、本当に小さな粒子なので毛穴にスルッと入り込んで、しかも詰まる心配もないというメリットを持っていますよ。

そんなマリンシルトとベントナイトを豊富に含んだどろあわわの泡は、とにかく濃密でモッチモチ!肌にしっかりとくっついて、細かい粒子の力を存分に生かせるようになっているのです。肌のすみずみまで汚れを吸着してくれますので、毛穴の黒ずみだけでなく、肌そのものもワントーン明るくなるという効果も期待できますよ!

定期コースを選べば初回半額で手に入れられますので、超お得です♪

角栓どろあわわ

 

img_062
img_060

米肌の肌潤石鹸

米肌の肌潤石鹸
黒ずみ毛穴・角栓詰まり対策におすすめの洗顔石鹸第2位は、米肌の肌潤石鹸。

米肌の肌潤石鹸は、お米から抽出したエキスを発酵・熟成して作ったライスパワーNo.11および、大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキスなど、とにかく発酵エキスをたっぷりゼイタクに使っているというのが最大の特徴。

各種発酵エキスは、黒ずみの元となる角栓を溶かすだけでなく、角栓を作る原因のひとつである古い角質を無理なくはがす作用にもすぐれていますので、角栓対策&予防に役立ちますよ。しかも保湿作用にもすぐれていますので、洗い上がりのベタベタしない自然なしっとり感は格別です。

今なら、米肌の肌潤石鹸はお得なトライアルセットも購入可能!

肌潤石鹸・化粧水・クリーム・化粧水マスク・エッセンス・ジェルクリームという豪華6点セットが、税込み1,500円の激安価格でお試しできますよ。

角栓米肌

img_062
img_061

然 よかせっけん

然 よかせっけん
毛穴の黒ずみ・角栓対策の洗顔石鹸おすすめ第3位は、然(しかり)よかせっけんです。

然 よかせっけんは、製造販売メーカーの長寿の里が独自に加工を加えた、火山灰シラス配合のシリカパウダーをたっぷりと配合。

超微粒子で吸着力にすぐれたシラスパウダーが、毛穴の汚れと古い角質を無理なく落としてくれます。わずかな量でたっぷり泡立つというお得感があるのも、然 よかせっけんの大きなメリットです。

さらに今なら、話題の水素を発生させられる洗顔ネット泡から水素のプレゼント実施中!でお得ですよ!

角栓しかり石鹸

img_043
あと、週1回のスペシャルケアとして、洗顔後、セスキ炭酸ソーダを溶かしたぬるま湯を毛穴づまりが気になるところにつけて軽く指の腹でこすり、洗い流すというケアをするのもおすすめ。

img_044

セスキ炭酸ソーダはたんぱく質汚れと油汚れの両方を落とせるので、角栓落としには効果的なのです。

ただし、肌のうるおいも奪うというリスクがありますので、使う範囲は角栓が目立つところだけという最小限の範囲にして、洗い流したあとは保湿系美容液でしっかりケアしておきましょう。

ピーリングで詰まってる角栓は消える?

img_045

角栓対策のためにおすすめの手段のひとつと言えるのが、マイルドなピーリング剤を利用してのホームピーリングですね。

ピーリングは、古い角質を落とすことができるので、角栓の原材料となってしまうたんぱく質汚れを激減させられるという大きなメリットがあります。
つまり角栓をごっそり取るというよりも、これからの角栓発生を予防するという感じですね。

ホームピーリング剤は通販等でも手軽に手に入れられますが、肌刺激が心配という人は、無糖ヨーグルトの上澄みの液体「乳清」をピーリング剤として使いましょう。

Q8WH9wGuSTQkaVN1445914742_1445914800

実はこの乳清にはピーリング成分が含まれているので、これだけでマイルドなピーリング剤として利用できるのです。

【詳しくはこちらで解説♪→ヨーグルトの乳清は捨てないで!実は毛穴ケアに効果があるって知ってた?

ちなみに、使ってはいけないピーリング剤として挙げられるのはこの2つ。

  • 消しゴムのようなカスがポロポロ出るピーリング剤
  • 鼻に貼ってはがして角栓を引っこ抜くタイプのパック

これらは摩擦刺激やはがす刺激が大きすぎて、肌表面の必要な角質にまで大ダメージを与えてしまいますので、使わないようにしましょう。

角栓を無理やり押し出してはダメな理由

「角栓が毛穴に詰まったら、指先を使って毛穴から角栓を押し出せばいい」という人もいますよね。
実際これをやると、角栓がニュッと出て気持ちいいので、私も20代前半ごろまではよくやってました。

しかし!素人の角栓押し出しは、実はとてもリスクが高いです。

  • 力加減がうまくできないので皮膚にダメージを与える
  • 毛穴そのものがつぶれてしまう
  • 指先で押しているつもりが、皮膚に爪が当たってしまい、爪の圧力が皮膚の奥まで大きなダメージを与える

などという問題を起こしてしまうんですよ。

img_047事実、私がよく角栓押し出しをしていたおでこは、相当皮膚が傷んでしまったためか、不自然な凸凹ができてしまった場所がありますし、小鼻にいたっては、毛穴が潰れて隣の毛穴と繋がったような状態になってしまった部分が一カ所あります。

また、いろんな汚れたものを触っている手での角栓押し出しは、毛穴の細菌感染リスク・雑菌繁殖リスクまであるのです。

角栓をどうしても押し出したいなら素手はNG、清潔な綿棒を2本使うか、指先に清潔なコットンを巻いて左右からやさしく押し出すという程度にとどめておきましょう。

皮膚科では治る?

img_046

毛穴づまりを、普通の皮膚科で治せるかというと、いわゆる医学的治療という観点からは難しいでしょうね。
なぜなら、毛穴に角栓がつまっているというだけ状態が皮膚病だと見なされる可能性はきわめて低いからです。

もっとも、毛穴に角栓だけでなくアクネ菌や膿までたまってしまうひどいニキビなどであれば、皮膚科での治療も可能ですけどね。

ただ、普通の角栓づまりであっても、健康保険適用外の自費治療を承諾できるのであれば、対応してくれる皮膚科もあります。

また普通の皮膚科とはちょっと違う、美容目的の皮膚治療を取り扱う美容皮膚科なら、レーザー治療やフラッシュ治療・ケミカルピーリング・イオン導入などなど、治療の選択肢が豊富ですよ。
ただしもちろん、こちらも全額自費治療となります。

毛穴専門エステで陶器肌!?

まだ日本では数が少ないのですが、毛穴専門にケアしてくれるエステがあります。
エクストラクションと呼ばれる指技を使い、角栓をきれいに取り去ってもらえますよ。

img_048

クレンジングしたあとに、毛穴をチェック。
肌に負担がかからないように特殊なジェルを塗り角栓や汚れを浮かせてから、エクストラクションで角栓を押し出していきます。
そのあとしっかりとスキンケアしてくれるので安心。

自分ではできない、プロの技ですね。
ちなみにこの毛穴専門エステのウビクエは、大阪に2店舗、東京と横浜に各1店舗あります。
トライアルだと通常と同じコース内容で4,800円。

一度、プロにキレイにしてもらうのも良いかも知れませんね。

◇目的別で毛穴ケアをご紹介◇

黒ずみサイド黒ずみ でこぼこサイドでこぼこ
開き(たるみ)サイド開き 角栓サイド角栓
banner03-1
化粧水 サイド化粧水 美容液毛穴 美容液
洗顔石鹸サイド洗顔石鹸 パック サイドパック
banner02-1
サイド鼻 サイドほっぺた

 - 毛穴のトラブル改善方法 ,